住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

観光・娯楽施設

観光・娯楽施設は屋内と屋外にあり、誰もが使いやすくなければなりません。ですから当然バリアフリーが大切になってきます。

 

屋外である公園は、最近できたものはちゃんとバリアフリー化されています。段差も極力少なめにしてありますし、スロープや手すりもちゃんと設備されています。バリアフリートイレを設置してあるところもあります。

 

遊園地では、大型遊園地ならエレベーターや多目的トイレ、補助犬もOKと、バリアフリー設備がしっかりしているところが多いです。また、車椅子・ベビーカーの貸し出しも行っている場合があるので歩き回る遊園地はそれだけで利用しやすくなります。アトラクションはすべてをバリアフリーにすることは難しいのでアトラクションの模型やショーの内容が書かれたパンフレットなどを用意してできるだけ多くの人に楽しんでもらえるように工夫されています。

 

屋内ですと、映画館では新しいところは基本的なバリアフリー設備は整っています。また、場所によっては耳が不自由な方用にヘッドフォンを用意してあるところや車椅子の方用の席が用意されているところもあります。

 

多くの人が利用する公共の場でもバリアフリー化は広まりつつあります。例えば体育館。玄関にスロープが設置されており、エレベーター、多目的トイレもちゃんとあります。受付も筆談で対応してくれるところがあります。プールもバリアフリー化されているところはちゃんと設備が整っています。

 

ただし公共の場は、比較的新しいところはバリアフリー化されていますがまだ整備されていないところがあるのが現状です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市