住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

ユニバーサルデザイン

最近、「ユニバーサルデザイン」という言葉を耳にするようになりました。バリアフリーと似たもの、と感じるかもしれませんが実は考え方が違います。

 

バリアフリーはすでにあるバリアをどのようにして解消するか、どうやっていくかという考えですがユニバーサルデザインはそもそも最初からバリアを作らないという考え方なのです。老若男女、右利き、左利き、文化、言語など人それぞれの違いを問わない誰にでも使いやすい、わかりやすい製品・施設のことをいいます。

 

ユニバーサルデザインには7原則があります。「1.誰にでも使え、手に入ること」「2.自由に使えること」「3.使い方がわかりやすいこと」「4.使い方に必要な情報がわかりやすいこと」「5.使用を誤った場合、危険につながらないこと」「6.誰にでも使いやすく負担が少ないこと」「7.利用する際に適切な広さがあること」です。この7原則は1985年にアメリカの建築家兼デザイナーのロナルド・メイスが発表しました。

 

ユニバーサルザインは現在、私たちの生活にいろんな形で浸透しています。例えば、シャンプー容器のギザギザ。これもユニバーサルデザインの一つです。目の見えない人や髪を洗っているとき目をつむっていてもシャンプーとリンスの区別ができるようにと、あるメーカーが考案しものです。

 

また、駅などの案内図には点字や絵記号を多用して海外の方や目が見えない方にもわかりやすくしていたり、エレベーターも低い位置にボタンをつけて車椅子の方や背が低い人でも押せるようにしたり、携帯電話も表示する文字の大きさを調節できるようにしていたり、とさまざまな形でユニバーサルデザインは使用されているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市