住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリーの歴史

世界でバリアフリーという言葉が広まったのは約40年前とそんなに長い歴史ではありません。ここではその40年間の歴史をお話します。

 

1974年に「バリアフリー」、という言葉が広まる出来事がありました。国連が障害者に関する報告書を発表したのです。この報告書が発表されるまでは建築物の整備などをする時には標準的な身長・体格・体重・運動能力をもとに作られた想定上の人物=ミスター・アベレージに合わせて行っていました。

 

この会議報告書には想定上の人物に合わせることによって、想定外の人がなんらかの障害によって公共物などを利用できないと書かれています。さらに障害がある人にも公共施設や交通機関の利用、働く、教育を受ける、住居を選ぶ権利がある、そのために環境を整える必要があるということが訴えられています。それからバリアフリーという考え方が世界に発信されたのです。

 

日本でも1970年代始めにバリアフリーに対する取り組みが始まりました。仙台で「福祉のまちづくり」が始まり、その2年後に開かれた「福祉のまちづくり市民のつどい」が開かれたのがキッカケとなり日本全国に広がり始めました。

 

しかし1973年に国土交通省が障害者や高齢者、ベビーカーの通行安全のための通達を出しましたが、しばらくは何の変化もありませんでした。

 

転機は、1981年を「国際障害者年」と制定されたことでした。

 

1990年にアメリカで障害者のための法律が成立したのをキッカケに日本でも法律が作られていきました。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市