住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

法律・マーク

少しでも多くの人が住みやすい社会にするために、さまざまなバリアフリーに関する法律やマークがあります。

 

法律では「バリアフリー新法」というものがあります。この法律は正式名を「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」といいます。内容は正式名の通り、高齢者や障害者の方が自由に外出できるように交通や施設をより使いやすく安全なものにすることを目的として作られました。

 

次はバリアフリーに関するマークです。

 

まずは「国際シンボルマーク」です。これは世界共通のシンボルマークで正式名を「障害者のための国際シンボルマーク」といいます。障害者の方が簡単に利用できる施設であることを示しており、マークは車椅子ですがすべての障害者の方が利用できます。

 

また障害者の方が車の免許を取った場合、四葉のマークをした「障害者マーク」をつけています。このマークの車への割り込み、幅寄せは禁止されています。そのほかにも障害によってさまざまなマークがあります。

 

「聴覚障害者シンボルマーク」、「視覚障害者シンボルマーク」、「補助犬マーク」など、あとはあまりなじみがないかもしれませんが人工肛門や人工膀胱の方用のトイレが設備されていることを表す「オストメイトマーク」、体内に障害があることを表す「ハートプラスマーク」などもあります。

 

そのほかにも「盲導犬マーク」や「うさぎマーク」があります。これらはおもちゃに表記されており、目が不自由な子でもあそべることを示しています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市