住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

心のバリアフリー

バリアフリーのバリアには「物理的バリア」「制度のバリア」「文化や情報のバリア」「意識のバリア」の4つがあります。

 

私たちが一番始めにできること、それは「意識のバリア」を取り除くこと、すなわち心のバリアフリーです。いくら物理的なバリアフリーは進んでも心のバリアフリーはまだまだこれからです。

 

ここで言う心のバリアフリーとはコミュニケーションや気配りのことを指します。しかし、難しいことはしなくて大丈夫です。当たり前のマナーやエチケットを守ればいいのです。

 

点字ブロックや道路に荷物を置かない、車や自転車をとめる時は邪魔にならないところにとめる、車椅子優先駐車場に車をとめない、盲導犬や介助犬に声をかけない、などは最低限のマナーです。また、困っている人を見かけたら声をかけることも社会でのエチケットです。

 

海外では障害を個性ととらえている人が多いそうです。ですから特別視することなく、困っている障害者の方に自然に話しかけて手伝います。

 

日本でも心のバリアフリーが少しずつ進んでいます。声をかけて断られたらどうしよう、と思うかもしれません。ですが断られたら断られたでいいのです。次困った人を見かけたらまた声をかける、一人ひとりが少しの勇気を振り絞って声をかければ自然な気配りができるようになるでしょう。

 

そして障害者の方も声を掛けてもらうのを待つのでなく自分から話しかけることが大切です。お互いが積極的に声を掛け、自分の意思をしっかり伝えることで心のバリアフリーはどんどん広がっていくでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市