住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

情報バリアフリー

情報バリアフリーとは障害者や高齢者の方でも簡単に情報通信を行うことを目的としたさまざまな策のことを言います。インターネットから情報を得るまでの過程(アクセシビリティ)の確保、文字を大きくする、色、音声ガイダンスなどインターフェイスの充実も必要とされています。

 

例としては視覚障害者の方は新聞などの文字は見えないため、読むことができません。そこで音声読み上げソフトを使って新聞ウェブサイトを利用することによって自分一人でも読み取りが可能になるのです。

 

聴覚障害者や発語障害者の方ですと電話の音声が聞こえない、話せないので電話を利用することが困難になります。障害者と健常者の間にオペレーターが入ることで障害者の方はオペレーターに手話や文字を用いて話したい内容を伝え、オペレーターはその内容を電話で相手に伝えるのです。

 

他にも大文字や点字を用いて食生活情報の提供、身体や年齢などを問わずいつでもどこでも誰もが交通に関する情報を得ることができる自立支援施策の推進などが挙げられます。また、情報を簡単に得ることができる環境の整備も進められています。

 

目にする機会があると思いますが字幕番組や手話番組制作の促進、そのための手話通訳者の養成、障害者や高齢者の方が使いやすい情報通信機器やホームページの開発・普及などがあります。

 

このように誰もが情報を得ることができる情報バリアフリー社会実現のためにいろんなところでさまざまな活動や支援が行なわれています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市