住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリーの進んでいる国(アメリカ・スウェーデン)

アメリカはバリアフリーが進んでいる国の一つです。

 

まず、誰もが自由に外出できるように道が平らになっており段差もありません。また、道幅も広く自転車専用のレーンもありますので安心して通行することができます。駐車場も大型スーパーなどでしたら障害者用の駐車スペースは入り口に一番近く十分な広さが確保されています。

 

トイレも日本のように多目的トイレと一般用トイレが分けられているのではなく、トイレの中に一つは必ず多目的トイレがあります。内装はシンプルですがわざわざ車椅子用などのトイレを探しまわる必要がないのです。

 

学校も、日本では設備が整っていないなどの理由で障害者を受け入れないところが多数あります。一方アメリカでは基本的に障害がある子もない子も一緒に教育を受けるシステムとなっており、多くの学校がバリアフリー対応となっています。大学でも車椅子の学生用に学内移動サービスなどがあります。

 

自然豊かな国スウェーデンは高齢者福祉が充実していることで有名です。ですが実はスウェーデンには建物のバリアフリーに関する法律がありません。建てる時の基準があり、あらかじめエレベーターの設置やドアの幅が決められているのです。

 

デパートや図書館など公共施設にも段差はなく、多目的トイレも設置されています。バスもノンステップバスです。住宅に関しても高齢者の方が自宅で暮らせるようにバリアフリーにリフォームする時に市が多くの補助金を出す、または無料になっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市