住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリーの進んでいる国(デンマーク・ニュージーランド)

デンマークもスウェーデン同様、高齢者のための福祉が充実しています。知らない人も多いと思いますが実はバリアフリーの根本はデンマーク発祥なのです。

 

もともとデンマークは平らな土地ですので坂道はほとんどなく、高齢者や車椅子の方などにとっては移動しやすいです。道路もちゃんと整備され、街全体もとてもキレイです。また、沿道の建物の壁を利用して駐輪場が作られていますので迷惑駐輪があまりありません。

 

駅や空港などにはエレベーターとエスカレーターが大体同じ場所にあり、誰もが移動しやすくなっています。ホームと車両との段差もなく、ステップが自動的に出てくる場合もあります。

 

学校もバリアフリーの設備が整っていますので障害のある子でも一般の学校へ通うことができます。

 

自然豊かなニュージーランドは世界で一番若い国といわれていますがバリアフリーはとても進んでいる国です。特に車椅子の方への設備が充実しており、観光された車椅子の方はまた絶対行きたい、と思うそうです。

 

ニュージーランドでは建物に対するバリアフリーの配慮が法律で決められています。

 

公共施設にはスロープ、エレベーター、多目的トイレが完備され通路も広めになっていますし段差もありません。

 

学校は、障害を持つ子供は訓練センターや特別支援学校に通います。ただし知的障害のない子は一般の学校に通います。ニュージーランドの学校は平屋であることが多いため階段が必要ないからです。

 

さらに高齢者や障害者でもジェットボートやセスナなどさまざまなアクティビティーを周りのサポートを得ることで体験することもできます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市