住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

目的別のリフォーム

バリアフリーリフォームをしよう、と思い立つ理由は人それぞれです。将来に備えて、介護のため、子供が産まれるから・・・など。ここではそれぞれのリフォームポイントなどを紹介します。

 

まずは高齢者の方のためのバリアフリーリフォームですができれば住まい全体ですすめたいところです。高齢者の方はつまずきやすくなったり、平均感覚が鈍ったり、立ったり座ったりが困難になってきますので手すりをつけたり段差をなくしたりはもちろんのことですが、忘れがちなのが白内障などの目の衰えです。

 

白内障は進んでくると色の識別が難しくなってきます。青と緑、白と黄、青と灰色など健常な人から見れば「違いがわかって当然じゃないの?」という色の差も困難になるのです。ですから段差に色の差をつけて高さを分かりやすくしたり、浴室の洗い場と浴槽の色にコントラストを付けたりするなどすると未然に事故を防ぐことができます。

 

車椅子の方のためのバリアフリーリフォームのポイントは通路の幅と回転半径です。最近の車椅子は小型になってきていますので直線であれば問題はありませんがやはり曲がるときにはそれなりに幅がいります。壁の角を隅切りにして曲がりやすくしたり、部屋の出入り口の幅を広げて入りやすくしたりなどのリフォームが必要です。

 

介護のためにリフォームをされる場合は十分に下準備をされてから柔軟に対応されることをオススメします。例えば浴室にリフトをつけたけれども思っていた以上に介護に負担がかかって巡回入浴サービスを利用してリフトは不要になったというケースもあるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市