住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

トイレ・浴室・洗面所

トイレは高齢になってもできれば一人で済ませたいものです。トイレをバリアフリーリフォームする際は和式便器から洋式便器に変えるだけでも高齢者の方が使いやすくなります。

 

また、車椅子を使う場合のことも考えて工事すると二重工事の手間がはぶけます。ですがリフォームする際には万が一介護者の同伴が必要になったり車椅子で入ったりすることを考えて、できるだけトイレのスペースはとっておきましょう。便器前1m・便器の片側1m以上が望ましいです。同じような理由で出入り口も90cmほどの広さにしておくと良いです。

 

扉は引き戸か、できない場合はつかえて開かなくなるということがないように外開きの扉にしましょう。また、座ったり立ったりすることを考えて必ず手すりをつけるようにしましょう。

 

そして真夜中に寝ぼけたまま階段を降りてトイレに行く途中に転落、なんてことが起こらないように寝室とトイレは同じ1階に、できれば隣に設置するとより安全で快適になります。

 

浴室は水を多く使うため滑りやすく、浴槽に入るには大きく跨がなければいけません。浴室のバリアフリーリフォームはこのようなことを解決する必要があります。例えば浴槽を半埋め込みにしたり手すりを付けたりすることで入りやすくなりますし、床材を滑りにくいものに変えれば転倒の危険を軽減できます。また、グレーチングを設置することで排水がスムーズになります。

 

洗面所の場合は高さを自由に変えられるカウンター式にすると使いやすくなります。また、手すりを付けたり角度の変えられる鏡にしておくことで車椅子の方や椅子に座って使用される場合に便利です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市