住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

高齢者と住宅

私達定住民族にとっては、住宅はただ、生活のための空間であるだけではなく、建物や土地を所有することで生まれる財産としての価値や社会の他の構成員との精神的なつながりも存在している。

 

家屋は、それ単体では四方を壁に囲まれ、窓や扉などの開口部によって外界とのつながりを辛うじて保っている「箱」に過ぎない(我々日本人の住居は特にその傾向が強い)が、その空間の中で人が生活することでその役目を果たし、価値を生み出す。私たちが家を買ったり借りたりするときに出す金銭は、家屋や土地という物質的なサービスの対価であるばかりではなく、その空間を占有することで得られる利益、言い方を変えれば可能性を買い取る投資でもある。リフォームはその空間に手を入れることで価値を再創造する行為だとも言い換えられる。

 

「家」という言葉は通常住居となる家屋のことを示すが、その家屋の中で暮らす家族もしくはそれに連なる血族もしくはそれに準じる社会の小集団を示すこともある。儒教精神を尊ぶ教育を受けて育ち、土地の人との密接なかかわりの中で暮らしてきた高齢者はそのつながりが断ち切られることを酷く厭う傾向がある。例え、親族と疎遠になり、配偶者に先立たれても、彼、彼女らはそのつながりを失っていない。記憶という名の新たなステージで去りし人との繋がりを反復することが幸福なことであるため、便利でさまざまなサービスを受けられる都会よりも、先祖伝来の土地で暮らしたがる人も少なくない。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市