住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

匂いと介護

介助をする人にとって妨げとなり介護を続けられなくなる事象は幾つもあるが、当事者になってみないとわからない障壁のひとつに匂いがある。介護の匂いは誰もが想像するような排泄物の匂いばかりではなく、清潔を保つために使う消毒剤(食べこぼしや失禁のしみ抜きの為に塩素系漂白剤は必須)胃腸の働きの悪い病者独得の体臭などもあり、暫く施設にいるとその匂いがしみついてなかなか取れなくなることがある。特に壁に匂いがしみつくのは厄介でどんなに掃除をしても取れないことが多い。

 

また、ある程度介護をしているとその匂いに慣れきってしまい、来客に指摘されるまで気が付かないケースもありうる。そういった意味で介護の匂いは煙草の匂いやペットの匂いにもよく似ている。

 

匂いをなくすためには、汚れ物を放置せず、更衣や入浴(入浴ができない場合はホットタオル等で清拭をする)をまめに行い消臭剤を活用することが必要だが、生活空間における匂いを排除しきるのは難しい。

 

しかし、匂いによる不快感を間取りや壁材によって解決することは不可能ではない。空間全体の風通しを良くし、殺菌効果のある日光がまんべんなくあたるようにすると匂いは軽減できるそうだ。くずかごを置く場所や手洗いなど匂いが出やすい空間は風上においてはならない。排泄介助の際は、廊下をパーテーション等で仕切ると他の部屋に匂いが行きづらくなる。予算に余裕がある場合は、光触媒など匂いの付きにくい素材を壁紙に使うとよい。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市