住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

介護しやすい間取りとは

人間の行動パターンは様々で、行動しやすい環境は人によって異なる。しかし、一般に介護しやすい空間というものにはある程度共通した特徴がある。介護する側にとっても介護される側にとっても心地の良い空間の条件は、「流れが断ち切られない空間」であることだと言える。私達の生活には動線、視線、空気の流れ、会話のやり取りと言った動きのつながりが必要だと言われている。これらが阻害されると快適な生活を送れなくなるのは健常者も介護を必要とする人も変わりがない。

 

しかし、介護生活には通常の生活よりも広い空間が必要であることを忘れてはならない。特に身体機能が落ちていて介助や杖、車椅子等の介護用品を使用している人にとっては、方向転換をできるスペースは必須である。身体が不自由な人にとって後退(身体の機能に問題の無い人は狭い空間に行き当たると何の気もなしに後ずさりする。しかし、それは全身のバランスが整っていて転倒に対応する能力があるからできることである)することはすさまじい恐怖を伴う行動である。失敗すれば、しりもちをつくか、車いすのハンドルを壁もしくは家族にぶつけてその反動でずり落ちてしまうか、とにかく健常者には想像できない不測の事態が待っているのである。進行方向に顔が向く空間が介助を受ける人にとっては安心できる空間であることは間違いがない。

 

また、プライバシーの保護が叫ばれて久しいが、介護をするには互いの存在がそこはかとなく伝わってくる「孤立しない間取り」が大切であると言われている。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市