住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

介護と手すり

介護リフォームで欠かせない要素のひとつに手すりがある。バランスを崩して転倒しやすい高齢者や障害者にとっては、手すりがあるか無いかでその環境の過ごしやすさが異なる。寝室などでは家具の配置を工夫することである程度捕まる場所を確保できるが、階段や廊下など他に掴まる場所がない場所に関しては手すりの設置をしなければならないことが多い。また、浴室や、トイレなどにも安全確保と楽な移動の為にも手すりを設置することが望ましい。

 

手すりの要素として大切なものとして、太さ、高さ、形状、方向、素材などが挙げられる。掴みやすく、滑らず、他のインテリアとケンカしないデザインの手すりが理想である。掃除が簡単で汚れが付きにくい素材ならばなおよい。施工の際には実際に利用する人に立ち会ってもらって(できない場合は、座高等のデーターをあらかじめ収集しておく)高さを決めた方が確実だ。

 

予算や工期の問題で全体に手すりを設置することが困難な場合は、特に危険な場所にのみ設置することも可能である。後で車いすを使ったり、介助を受けたりする可能性を加味して設置をする空間には充分な広さを確保したい。

 

手すりの設置の他に事故を防いだりする効果があると言われているものに、家具や壁面のコーナーを丸くすると言うものがある。とがった部分があるとぶつけた時に怪我をするリスクが高くなると言われている。シートを張る、ラバーを嵌める等元の形状を変えずともできる措置もあるので工務店の担当者と相談してほしい。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市