住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

トイレの広さに気を付けて

私たちの生活には、それを除くと生命の維持すらも困難になる行為が多数隠されている。食事をとらねば栄養失調に陥るし、睡眠をとらねば、身体、精神の働きに齟齬が出て最悪の場合、過労で死に至る可能性が出てくると言われており、これらにまつわる介助である。

 

食事介助も入床介助も介護をする人の大事な仕事である。しかし、介護で最も苦労をすることと言えば排泄の介助なのではないだろうか。便や尿を所定の場所まで我慢できず、もしくは所定の場所、つまりは手洗いや、尿意、便意自体を認識できず排泄してしまうことを失禁と呼ぶ。

 

おむつやリハビリパンツを使用すれば、介助者側の負担も減るが、排泄行為を手洗いですることは人の尊厳の砦だと言われているため、失禁が酷く清潔を保つことができなくなった、介助者自体が老齢、虚弱等で介護の行為すべてを行えない状態である等やむを得ない場合を除いては手洗いで排泄ができるように支援するのが介護の理想であると言われている。

 

他の要素と同じく、排泄の問題の一部も間取りの改変によって改善できると言われており、特に広さは重要なファクターであるとされる。

 

広さの最低条件は、手すりやダストボックスを設置しても、なお空間に余裕があること。あまり狭いと体位の変更ができなくなる。また、将来を見越すのならば、車いすを使用した状態でも介助者が同伴してドアを閉められる広さがあることが望ましい。今現在の配置では空間の確保が難しい場合は、他の部屋を改造してトイレにすると言う解決策もあるので工務店に相談しよう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市