住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

玄関と介護

他の項目でも記述したが、高齢者他、介護を受ける人の身体能力はおおむね低く、健常者と違っていざというときに機敏に対処ができない。間取りの関係で部屋をどうしても融通できない場合は仕方がないが、介護を受ける人の部屋はできるだけ玄関や勝手口等に近い場所に設けた方が救助がしやすい。遠くなってしまう場合は窓を広げる等の工夫をしたい。

 

玄関先に段差のある家庭も多いだろう。階段は登れない(というよりは降りるのが大変)ことが多いのでスロープや昇降機を設置した方が安全だが、予算の問題で適わないときにはせめて手すりを握りやすいものに変えるとよい。また、照明の角度を工夫して玄関先に暗い場所が無いようにするのも大切である。

 

介護をする場合、戸口が狭いことは致命的な欠陥である。健康だったときには通ることができたスペースでも、車椅子や杖を使った状態では狭く感じることが多い。また、家族やヘルパーなどに脇を支えてもらって歩く場合は、少なくとも二人並んで通れるスペースを確保しなければいけない。

 

靴箱をどけて作りつけにする等の手法でスペースを確保することが多いが、それでも足りない場合は、玄関自体を別の空間に移動させなければならない。元の空間の大きさで工事の規模が変わってくることも覚えておこう。

 

玄関のほか、手すりでスペースを取られる廊下も幅を広げた方がよいことが多いが、工夫次第で何とかなる場合も多いので予算の範囲内で優先すべき場所からリフォームを行っていくことが大切である。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市