住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

認知症どうしよう

認知症は脳の一部もしくは全体の機能が何らかの原因で阻害されることによって起きる疾患であると定義される。一般的に脳血管性の認知症やアルツハイマー型の認知症等が有名だが、幻聴、幻覚等が特徴的な症状であるとされているレビー小体型認知症なども市井の人々に知られつつあるのが我が国の現状である。かつては痴呆と呼ばれていたが、「痴」の文字が馬鹿という意味を含み、差別的表現であるとされ、呼称の改変が官公庁を中心に行われ、周知徹底された経緯がある。アルツハイマー型認知症の場合、脳全体が委縮するので不可逆性(症状が時間経過と共に改善することがないと言う事)を持つと言われているが、

 

誰でも自分の愛する人が認知症になったと知った時は狼狽する。自分の心配をしてくれていた人が突如人の力を借りずして生活できない状態になると言うことは受け容れがたい事実であろう。かつて養ってもらった実子の立場からすると、その変化は絶望的なものかもしれない。脳血管性認知症の場合は比較的人格が保たれることが多いが、アルツハイマー症やレビー小体型認知症では時に激しい症状が出ることがある。

 

しかし、認知症は早期の発見や生活空間の工夫で生活の質(QOL)の低下や症状の進行を抑えることができる可能性があるとも言われている。以前よりは手がかかるようになったことは確かだが、その人の本質は変わらないことを肝に銘じておこう。介護リフォームにまつわる減税等公共のサービスは余すことなく利用し、介助者も介護される側も心身ともに負担が少なく快適な生活を送りたいものである。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市