住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

介護の対象は?

介護というとどうしても高齢者、特に認知症のお年寄りを想像しがちだが、高齢による心身の機能低下以外にも介護が必要な疾患は幾つもある。大まかな定義をすると、介護とは自分一人では生活をすることが困難な人を物理的、精神的に援助することだと言える。

 

その対象となる範囲は比較的広く、筋ジストロフィー(遺伝性疾患に区分される全身の筋肉が衰えていく病気。内臓の筋肉まで衰えていくため、急進行型のディシエンヌ型は致死率が高く、かつては子供のうちに発症すると二十歳前後までしか生きられない病気と言われていたが、今は延命が可能になっているそうだ。徐々に機能が落ちていくので住宅内設備には特に配慮が必要)や片麻痺、視覚障碍、聴覚障害等身体の機能低下ばかりではなく、統合失調症の患者や高次脳機能障害(事故による受傷などで脳の機能が制限される後天的な障碍。記憶障害や物事を順序よく行う能力が損なわれることが多いと言われている)広汎性発達障害(比較的新しい先天の脳機能障害のカテゴリ。昔の自閉症などがこれにあたる)等脳神経および精神の活動の機能制限によって不自由をしている人も介護の対象になる。

 

介護は看護と領域が重なり、混同されることが多い用語だが、その行為があくまでも生活の一環であり医療を伴わない(痰吸引等ヘルパーに認められた行為もある)ことが特色である。リフォームやデイケアや訪問介護のサービスを利用することで介護する側も介護される側も負担がぐっと減るので入念な情報収集の後、利用するものを決めることがよいと言われている。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市