住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

相談しよう介護のこと

わが国では「人に迷惑をかけない」ことが美徳だとされ、多少の不自由は耐え忍んで胸にしまっておくのがよいとされる風潮がある。

 

インターネットによる情報の開示、共有によってコミュニケーションのネットワークが広がった反面、誰がどこで何を聞いているか見ているか分からないと言う危機感がかえって、誰にも個人的な事情を言えない精神的な密室を作り出しているのではないかという論もある。

 

しかし、介護生活は遠慮や独断が命取りになることが多い。いかに周囲を巻き込むかが介護の成功の秘訣だと言われている。現実に自分が介助者である場合は、急変などの際一人ではとても対応できない。連絡先だけでも、主治医、親族、救急車、利用施設(訪問看護含む)と多岐にわたるうえに、本人とのつながりが深ければ深いほど気が動転しやすい。

 

介護施設の多くでは、夜勤者一人でユニットひとつを見ることが多いが、そのデスクの電話の先にはいつでも連絡を受けて駆け付けられる職員が待機しており、現場に残っているスタッフをサポートしている。

 

このネットワークには、残ったスタッフが安心して業務に取り組める効果のほか、複数の人が判断に加わることで、思い込みによる被害の拡大を防ぐとともに、次の手を打つための時間の余裕を作り出すことができると言う利点がある。一人では耐えきれないことも数人集まると互いに励まし合って忍ぶことができるようになるため、スタッフはまめにコミュニケーションをとることが多い。

 

自宅での介護も孤立しない環境づくりが大切である。まずは身近な人に相談することから始めよう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市