住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリーとは?

今や、介護向け住宅ではなくとも室内に段差があったり、階段の傾斜がきつかったりする住宅は一般に好まれない。中古マンションの査定の際にも、バリアフリーか否かによって価格が大きく変化すると言う。

 

また、以前は縁があることが当たり前だった畳(高麗縁などが一般的だった)も縁の無い琉球畳や、フローリング等起伏のないフラットな床材にとってかわられるようになった。

 

住宅構造の変化で、以前はどの家にも有った大黒柱と太い梁が滅多に見られなくなり、空間を広く使えるように工夫されている新築物件が増えていることからも現代人の住宅に対する価値観の変化がうかがえる。

 

バリアフリーとは、居住者の移動を妨げる急な勾配や、段差を取り除くことで生活上の不自由や事故の心配を取り除く空間設計の工夫のことである。

 

とくに有名なのはフロアー内の段差の解消である。完全なバリアフリー住宅は通常、ひとつのフロアーの床は玄関から台所まで同じ高さに直され、敷居などは見当たらないことが多い。

 

戸口もプリーツパーテーションなど軽く力の弱い人でも開け閉めできるものに変えたり、ドアノブを押すだけで開扉できるようにしてあったり、万が一の時、指などを挟み込む危険を軽減したものがとりつけられたりするようになってきた。

 

収納も手が届き屈まずに済むところに設けられ、ワンタッチで開閉できるように工夫されることが多い。

 

また、体勢に無理が来ることの多い和式のトイレを、洋式にすることなどもバリアフリーの一環である。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市