住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

健常者と要介護者の身体の違い

介護を必要とする人の多くは身体(時に精神)の機能の一部を何らかの理由で制限されている状態にある。そのため、健常者にはいともたやすく通行できる場所が通行できなかったり、簡単に使用できる物品が使えなかったりと言った健康な人には中々共感しにくい事象が起こるのである。

 

握力が低くなれば、物を掴めず取り落すことが多くなるし、足の力が衰えれば歩行が困難になる。また、あまり着目されないことだが、平衡感覚を司る部位が障害される空間識失調(内耳、外耳、神経伝達機能の損傷によるものなどが代表症例だとされ、多くの場合耳鼻科で診察される。加齢によってもこの平衡感覚はうしなわれやすくなると言われている)に陥るとまっすぐに歩けなくなり、少しの段差でも躓くようになる。高齢者のすり足(足が上がらないため摺って歩く)による転倒とは違い、足は上がるが、空間認識の能力がマヒするため、どこに置いてよいか分からないと言う事例も多いようだ。何か(先導してくれる人の肩や手すりなど)を掴んでいればきちんと歩ける人も多いため、手すりの設置が有効だと言われている。

 

介護が必要な人の動作はえてしてゆっくりで、見ていて危なっかしくつい手を出してしまう介助者が多いようだが、本人がまだできることを奪ってしまっては、ただでさえ低い機能がさらに落ちてしまうと言う負の結果を招くことになる。障害者のなかには空間の工夫によって、一人、ないし他の人に物理的援助をできるだけ借りない状態で生活できる人も少なくない。自立した生活の為にもリフォームは検討する価値がある対応策だといえるだろう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市