住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

人間工学と介護

読者の皆様は駅等の公共施設や商業施設に変わった形の手すりがあるのを見たことがないだろうか。通常手すりはパイプ状の直線か、それに準じた形をしている。しかし、ところによっては波打った手すりになっていたり、独立した握り型になっているものもあって、見慣れない人の困惑のもとになっていることがある。

 

しかし、これらの手すりは実は大変握りやすいデザインになっている品なのだ。通常の手すりの場合、利用者は手すりを押し下げる方向に力を加えることになる。しかし、私達人間は樹上生活をする猿から派生した生き物であるので、関節や手のつくりが自分の身体を下方から引き上げる方、つまりはぶら下がる方が力を入れやすいようになっている。押し下げる形だとどうしても力が分散してしまって体を支えきれず歩きにくい。そこで出てきたのが先述のようなデザインの手すりである。

 

このように人が生活しやすく事故がない環境を作るための学問を人間工学と呼ぶ。中でもどんな身体、精神の状態でも使用しやすいデザインをユニバーサルデザインと呼ぶ。握りやすいようにデザインされたマグカップや、絵と点字で示した構内案内板等がユニバーサルデザインにあたるが、近年注目を集めており、テレビなどのマスコミの露出の多い話題であるので御存知の方も多いだろう。

 

介護リフォームの場合、手すりの太さ、高さなど人間工学に基づいた設計が必須であり、実績が多く優秀な設計士のいる業者に依頼するのが成功への近道であると言われている。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市