住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

スペース

地方のように、敷地面積が広大な家の人はそれほど問題にはなりませんが、庭の広さが限定されている、広くすることは不可能という地域では、スペースの有効活用が必須条件となります。

 

基本的には見た目や使いやすさを重視したエクステリアリフォームを行わなければいけないのですが、敷地が狭い家ではそうはいっていられません。機能性だけを重視してしまうとどうしても無駄な部分がでてきてしまい、敷地を有効活用出来ません。たとえば、車庫入れしやすいようにガレージを狭い庭の真ん中に大きく設置してしまうと、メインガーデンとしての機能はほとんど失われてしまうでしょう。しかも、それにより日当たりが悪くなるということもあります。また、一番日当たりのいい位置にサンルームやウッドデッキを設置してしまっても同じことが言えます。

 

まずは、自分の家の敷地面積、形などを考え、そこから必要なエクステリアを決め、それにはどれくらいのスペースが必要なのかを割り出してみるといいでしょう。広い敷地ではそれほど吟味することではありませんが、狭い敷地の人は、ガレージの位置や向き、アプローチはどれがベストか、などいくつもシミュレーションしてみるといいでしょう。もちろん、どれがベストなのかはその家によって異なりますし、何を重視するかによってもちがってきます。そして、おそらくどこかは妥協しなければいけない面も出てくるでしょうから、どこは妥協できて、どこはこだわるのかを決めておくことも大切でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市