住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

防犯対策

エクステリアリフォームで検討すべき点は、防犯対策です。もちろんこれはその地域によっても異なりますが、危険な地域ならリフォームによって防犯対策強化・予防にもつながりますし、逆に泥棒などが入りやすい設計になってしまうこともあるのです。

 

よく、防犯対策には外塀は高くした方がいい、と言われます。たしかに外塀が高いと泥棒が入ってきにくいです。ですが、その反面、一度その塀を乗り越えて侵入してしまえば、外部から完全にシャットアウトされますから、逆に犯罪の発生率がアップしてしまうのです。また、庭に木や花などが植えられている家では、それが視界になり隠れることも可能でしょう。塀から入り込み、気に隠れていればよほどでない限り見つかりませんから、そこに潜んでいてタイミングをはかることもできるのです。外塀を高くするなら、本当に簡単には登れないくらい高くするか、逆に低くして通行人の目線からでも見えるようにするといいでしょう。

 

また、意外と犯罪に使われやすいのがガレージです。泥棒が侵入するのはたいてい1階の鍵がかかっていない窓です。たとえかかっていても壊して侵入するでしょう。ただ1階だと住人がそこにいる可能性が高いので、リスクがあります。ベストは2階なのですが、普通は簡単に外から2階に侵入することは困難です。ですが隣接するガレージがあるとそれを踏み台にして侵入しやすくなるのです。ガレージはできるだけ屋根と話して設計するのが防犯対策としてはベストです。

 

その他の防犯対策として、人を感知すると光るライトを設置するとか、防犯カメラを外からも見える位置に設置する、「犬います」という貼り紙をするのも効果的でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市