住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

天候に合わせた作り

サービスヤードを作る際のポイントとして、地域の天候などをしっかり見極めた作りをしなければいけません。ウッドデッキやサンルーム、テラスというのは、天気がいい時にはそこでパーティーをしたり、昼寝をしたり、洗濯物を干すこともできるなど、メリットが大きいですが、室内とはことなり天候にも左右されてしまいます。雨が降れば屋根のないウッドデッキやテラスだとまったく利用価値がなくなってしまいます。また、自分でウッドデッキを作る人もいますが、やはり雨や雪で木が腐ってしまうことも考えられるでしょう。またサンルームなども、太陽の光が入り込む位置に設計しなければいけないので、日当たりもしっかり考えなければいけないでしょう。

 

特に注意が必要になるのは、雪が多く降る北国ではないでしょうか。2〜3ヶ月も雪が積もっている状態になれば、どうしてもウッドデッキやテラスの老朽化は進んでしまうでしょう。そのため屋根をつける人もいるでしょう。ですが、簡易的な屋根だと、住宅とは異なり雪が多く降り積もった時には雪の重さで壊れてしまう可能性もあります。そうなると、住宅の方にも被害が出てしまうこともあります。

 

このようにサービスヤードは晴れている時はとても使い勝手が良く、多くの人が憧れますが、天候によっては多くのデメリットが発生してしまうのです。その点をしっかり頭に入れ、また自分の住む地域の風土も考えて設計していかなければいけないのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市