住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

車の乗り換えにも対応できるように

車庫をリフォームする場所、当たり前ですが、乗っている車の大きさはチェックするかと思います。庭の広さがあまりないからといって車庫を狭くした結果、車が入らないのでは意味がありませんから。その際には、車の幅で計算するわけではありません。乗り降りするためには、両側のドアを開けた状態で幅を決めなければいけないでしょう。最低でも片側だけでも開く状態でなければ車庫の意味をなしません。

 

それを計算したら、そのサイズで、と思うかもしれません。確かに今幅も大きな車に乗っているならそれほど問題はありませんが、軽自動車や今流行りのコンパクトカーに乗っているなら注意が必要です。それは、今後車を乗り換えた時のことを考えなければいけないのです。

 

車は長くても10年、早ければ4〜5年で乗り換えをすることでしょう。もし、軽自動車やコンパクトカーに合わせた小さめのサイズに作ってしまうと、車を買い換えたときに、車庫に入らない、入ってもドアが開けられない、という事態に陥ってしまうこともあるのです。それは幅だけでなく、高さ、奥行きなども同様です。

 

もちろん、一生コンパクトカーで、という人はいいかもしれませんが、数年間のうちに子供が運転免許をとるだろうという場合は乗るのがコンパクトカーとは限りません。むしろ、若いうちは大きい車に乗りたがりますので、注意が必要です。

 

このように、車庫を建てる場所、今の車だけでなく、将来乗り換える時のことも考えて車庫の大きさを考えなければいけないのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市