住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

イギリスの庭

私が住んでいたイギリスのお庭はガーデニングが盛んなこともありどのお庭も気合が入っています。もちろん中には全くお手入れされていないお庭もありますが、ガードーナーをやとっているのも決してお金持ちだけではなくごくごく一般的です。ですが、イギリスのお庭は他の国に比べて割と広めだと感じます。やはりイギリス人にとって快適な庭のスペース確保は必要不可欠なのかもしれません。

 

手をかけられているお庭というのはすぐわかります。そして一般の家庭の庭であっても、イエローブックという国公認のお庭に認定されているご家庭のお庭は誰でも見学が可能なのです。このシステムはとても素晴らしいと思います。イングリッシュガーデンが好きな人は、リフォームする際にわざわざイギリスに運ぶ価値がある程ではないかと思いますので、是非イエローブックを活用されることをオススメします。

 

ロンドンではあまり見かけることはできませんが、コッツウォルズや湖水地方などの有名な観光地では外堀から他人の家の庭を眺めるだけでも楽しいですよ。ですが、もし住人の方と目が合ったらきちんと挨拶をして、勝手に敷地内に入らないようにしましょう。

 

イギリスはどこの公園もきちんと管理されていて素晴らしく見応えがありますし、リージェンツパークのローズガーデンは特に素晴らしいです。誰でも無料で見学できますし、街中にある園芸屋さんは園芸グッズが豊富なので、園芸をしないような人でも楽しめるようなアイテムが沢山売っています。お土産にも喜ばれますし、決して日本では買えないような物が沢山あります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市