住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

風邪の強さも考慮

テラス屋根の設置を考えている方の中には、「強い風が吹いた時、大丈夫なのだろうか」と心配に思っている方もいるのではないでしょうか。確かに、せっかく設置したテラス屋根が強風で飛んでいってしまったり、誰かに怪我をさせてしまっては困りますよね。

 

では、テラス屋根を選ぶ際のポイント、風の強さについてご紹介しましょう。

 

テラス屋根を設置しようという方は、もうどこに設置するか決めていますか。その場所の風などの流れなど、考えていますか。テラス屋根を設置する際には、設置する風の強さなども考慮する必要があります。

 

テラス屋根を販売しているメーカーでは、どのくらいの風に耐えられるなど明記しているものもあります。購入する際には、どの程度の風まで耐えることができるか、チェックした方が良いでしょう。

 

例えば、風速10から14m/秒の場合、傘がさせない程度の強さとなります。15から20m/秒の場合には、歩くこともままならない風となります。20から24m/秒は、歩くことが難しくなるでしょう。25から30m/秒になると、立っていることも難しい状態となります。

 

普段、天気予報で風速を耳にすることはあると思いますが、それがどの程度なのかは分からないという方も多いと思います。テラス屋根を設置する際には、この風速がどのくらい耐えられるかも大切といえます。そして、設置場所もなるべく風の通り道となっていないような場所が理想といえるでしょう。

 

安全に利用するためにも、風の強さも考慮して選ぶようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市