住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

タイプ別メリット・デメリット

テラス屋根には、様々なタイプが販売されています。そのため、どういったタイプを選んだら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

では、テラス屋根のタイプ別のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

 

まずは、2連結タイプのものについて。広いテラス部分に設置する場合には、2台設置することがおすすめ。こちらのメリットは、見た目がとても綺麗といえます。しかし、2連結タイプの場合には、右か左部分に勾配をつけ、雨水が流れるようにしますが、雨水の流れがあまり良くないというデメリットがあります。

 

また、2階部分にテラス屋根を設置しようと考えている方もいると思います。2階部分は、スペースが狭いため、柱のないタイプが良いと考えている方も多いのではないでしょうか。こちらの柱のないタイプのメリットは、柱がない分すっきりと見え、スペースを有効活用することができます。しかし、デメリットとしては柱があるタイプと比べると、価格が高くなってしまいます。また、サイズも多くないため、4尺程度までと限られてしまいます。

 

更に、入隅壁を利用して、テラス屋根を設置する場合には、見た目も良く、機能性にも優れているというメリットがあります。しかし、価格が割高になってしまうというデメリットがあります。

 

このように、様々なタイプがあるテラス屋根には、それぞれメリット、デメリットがあります。まずは、どういったことに重点を置くかによって、どのタイプが良いか検討していきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市