住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

フロアコーティングとワックスの違い

床の耐久性を高めるためにフロアコーティング技術が開発されたようですが、そもそも従来のワックスがけとどういった違いがあるのでしょう?まず一番大きな違いは持続性にあるようです。ワックスにも水性と樹脂性の違いがあるのですが、持久性は水性だと3〜4か月、樹脂性だと3〜4年ほど持つようです。「4年ももつならワックスでいいじゃないか」と思う方もいらっしゃるかも知れません。しかしフロアコーティングの場合だと、いちばん持久性がないウレタン樹脂性のものでも10年以上もつのです。ガラスコーティングに至っては30年以上もつそうです。明らかにワックスより魅力があります。

 

持久性の他にも大きな違いがあります。ワックスは水や化学薬品に弱いのですが、フロアコーティングの場合はそうしたものにも強いのです。家庭内では飲みこぼしなどがよくあると思いますが、そうしたことにも問題ないのがフロアコーティングなのです。さらにフロアコーティングは薄い被膜をフロアに作るのですが、その被膜自体が結構強いのでキズが付きにくいのです。気をつけていてもなにかを床に落としてしまうというのはありがちですよね。こういった時に保護してくれるのがフロアコーティングの頑丈な被膜なのです。

 

フロアコーティングはワックスよりもいいことばかりのようですが、施工業者にお願いしないとなかなかうまくできないことと、その費用がワックスより高めになります。ただ一度処理をすると数十年は手間いらずですので、結果的には得するような気がします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市