家作りの第一歩はココから!

耐震性が強い

日本は世界でも有数の地震大国といわれています。1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、そして記憶に新しい2011年の東日本大震災など、10年足らずのうちに大きな地震が発生しています。そのため、多くのハウスメーカーでは耐震性の強い家づくりが求められています。そのため、今から建てる家は、とても強固な耐震性が強い家ができる傾向にあります。

 

ただ、それはあくまで耐震性が強いというだけで、必ずしも地震で倒壊しないという保証はありません。そのため、より耐震性が良い家が求められています。実は平屋住宅のメリットは、その耐震性にもあります。

 

先の東日本大震災では、津波被害の他にも、多くの家屋が倒壊、または半壊・一部損壊となっています。そのほとんどが2階建て以上の建物となっているのです。もちろん平屋建ての家が少ないということもありますが、やはり耐震性でいったら平屋住宅のほうがはるかに上です。2階建て住宅の場合は、1階部分は2階の部分の重さを支えている上に、高さがあるため大きく揺さぶられます。そのために1階部分の被害が大きくなるのです。一方平屋住宅は、支えているものは、屋根の重さだけです。もちろん、古い平屋住宅なら重い瓦を積んでいるところがありますので、被害が出てしまう可能性はありますが、新しい住宅は屋根もそれほど重くありませんから、倒壊する危険は極めて低いといえるでしょう。

 

2階建てにして耐震性を増すためには、鉄骨の家もありますが、木造でできるだけ耐震性を高めたいなら、やはり平屋住宅でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市