家作りの第一歩はココから!

天井を高くできる

2階建て、3階建てになると、どうしても建築基準法の関係で、天井を一定以上高くするわけにはいきません。天井が低いなぜ悪いかというと、実際に比較してみるとわかりますが、どうしても圧迫感があり、せっかく広い家もせまく見えてしまいます。

 

平屋住宅のメリットとしては、2階建て、3階建てではできない天井を高くするということが可能です。たとえ部屋が狭くても、天井が高くなるだけで開放感が増します。最近の若い人は、身長が180cmを超えるという人も多くなっています。そのため、より天井が高くないといけません。

 

もちろん、天井が高くなることでのメリットは開放感だけではありません。天井が高くなると、空気の循環もよくなります。夏場などはどうしても暑い空気は上のほうに行きがちです。そのため天井が低いと、当然暑いです。平屋住宅で天井を高くすれば人が届かないような高さの部分まで熱が逃げますから、涼しく感じることでしょう。また2階建てなら、熱がどんどん2階に上がっていきますから、とてつもない気温になることでしょう。

 

天井を高くすると、同時に空間が広くなるということです。そのため、高いところに棚を作ったり、収納スペースや飾りをつけたりと、いろいろなアレンジが可能になります。天井が低いと、大きなタンスを入れることもできなくなることもありますし、おける家具が限定されるのです。

 

また、家の設計にもアレンジが効きます。家の真ん中に吹き抜けを作ったりすりこともできますし、逆に天井をなくしてしまうデザインも可能でしょう。

 

このように、天井が高くなるということはいろいろなメリットが出てくるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市