家作りの第一歩はココから!

部屋が少なくなる

平屋住宅のデメリットは、やはり部屋の数が少なくなってしまうということでしょう。単純な話、2階建て住宅は、平屋住宅の上に部屋をたすようなものですから、その分の部屋が多くなるでしょう。もし、限られた土地しかないのであれば、平屋住宅にすれば部屋数が少なくなってしまい、部屋数を増やそうと思えば部屋の大きさそのものが小さくなってしまうでしょう。2階建て住宅、3階建て住宅というのは、狭い土地を有効活用して、上に階層をもうけ、部屋数を増やすのが目的です。そのため部屋が多くなるのは当たり前でしょう。

 

平屋住宅のデメリットである部屋の数が少なくなるという事を解消することは、周りの土地を購入しない限り不可能なのです。そのため、狭い土地がある人で、家族が多い人は平屋住宅にはできませんし、したとしても不都合な部分ばかりが目立ってしまうでしょう。それもそのはずです。昔は平屋住宅がほとんどで、その狭い土地を有効に活用して平屋住宅のデメリットを解消させたのが2階建て、3階建て住宅なのですから。

 

ただ、広い土地を持っているという人は別です。広い土地があれば、その土地を使って、どんどん部屋数を増やして行けばいいのですから。ただ、その場合のデメリットとして、あまりにも部屋数を多くしてしまえば、部屋の端から反対側までの端までの距離がとても長くなり、行き来をするのにも一苦労してしまうでしょう。やはり便利に平屋住宅を使うためには、あまり部屋の数が多すぎてもいけないようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市