家作りの第一歩はココから!

真夏が暑くなる

2階建て住宅に住んでいる人は分かるかもしれませんが、真夏などは2階部分は1階部分よりも暑くなっているでしょう。それはまさに、太陽の熱を浴びる屋根から熱が伝わってくるからにほかなりません。1階部分に関しては、2階部分があるために、そこで熱が止まってしまうので、2階ほど暑くありません。

 

では、平屋住宅は、2階建ての1階部分と同じだから、涼しいのか、というとそうではありません。すぐ上が屋根になってしまいますので、当然2階部分と同じように暑くなってしまうのです。いくら窓を開ければ風通しがよくなるといっても、風もないカンカン照りの日などは、エアコンなしでは耐えることはできないでしょう。

 

もしも、太陽光発電パネルを設置するという場合は、できるだけ日の当たる方面を向けて設計しますから、より暑くなってしまうでしょう。もちろん、それで発電するのですから、いいのか悪いのか分からなくなってしまいます。ただ、太陽光発電パネルを設置しないという家であれば、逆に太陽があまり当たらないような屋根作りにする事も大切でしょう。とはいっても、平屋住宅ですから、それにも限界があるかもしれません。屋根からの熱を防ぐためには、やはり屋根の断熱が必要になるでしょう。ちょっと費用はかかるかもしれませんが、暑くてエアコンをかける事を考えれば、費用の面でも安く済むかもしれません。また屋根から直接部屋ではなく、屋根裏部屋などを作って、熱を伝わらせないという設計も大切になるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市