家作りの第一歩はココから!

坪単価が高いこともある

平屋住宅は費用を安く済ませることができる、というメリットが言われていますが、実際そうではないケースも多々あります。それは平屋住宅の方が坪単価が高くなるという事です。

 

家を建てる場合、基本となるのが坪単価です。もしも坪単価が50万円で40坪の家を建てた場合、建築費用は50万円×40坪で2,000万円となります。たいていはこれで計算がされます。

 

では、2階建て住宅も平屋住宅も、同じ坪数にすれば部屋数も変わらずかかる費用も同じじゃないのか、と思うかも知れません。ですが、住宅メーカーによっても異なりますが、もともとの坪単価が平屋住宅の方が高くなる傾向にあるのです。なんで同じにしないんだ、と思うかもしれませんが、実際に家を建てる場合、同じ坪数でも2階建てと平屋住宅では、必要な経費が変わってくるのです。

 

2階建てと平屋住宅の坪数が同じ、ということは、分かりやすく言えば次に通りでしょう。平屋住宅の場合はそのまま40坪の敷地に建て、2階建ての場合は、1階部分が20坪、2階部分も20坪で合計40坪という事になるでしょう。これは同じです。ですが、平屋住宅の場合は、基礎も屋根の面積も40坪分が必要となりますが、2階建て住宅の場合は基礎も屋根も半分の20坪分でいいのです。そのため、平屋住宅の方が建てる側からすると費用が多くかかってしまうのです。そのため、坪単価もはじめから高く設定されているのです。ただ、同じ坪面積の場合は高くつきますが、それでも実際の部屋数は階段部分が無い分、平屋住宅の方が広く使えるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市