家作りの第一歩はココから!

風の通りを考える

平屋住宅を建てる場合、そのメリットを有効活用するために建て方をしっかりと考えなければいけません。平屋住宅のメリットには、窓を開けただけで、簡単に家全体の空気の入れ替えができるというところがあります。ですが、家の向きが悪かったりすると、そのメリットがフルに活用されません。

 

そのため、風の通り、向きをしっかり把握した上で設計しなければいけないでしょう。まず、たいてい西側から風は吹いてくるものです。そのため、そちら側に風を入れる窓を設置する、または部屋を作るという事です。ただ、それだけではその部屋に風が入るだけです。風が入ってきて、抜け出せるようにしなければいけません。そのため、ドアを開けて、風がどのように流れていくか、そして最終地点にも大きい窓を設置するようにすれば、窓を全て開放しなくても、数か所の窓を開けるだけで部屋の換気ができるようになります。

 

とはいっても、居間などを西側に作ってしまうと、場合によっては日当たりが悪くなる可能性もありますし、夕方は西日がまぶしいという事にもなりかねません。そのため、その点は設計のプロと相談してみてもいいでしょう。

 

また、必ずしも西側に窓が欲しいというわけでもありません。立地条件によっては、その部分にマンションや高い家が建っていて、風が遮られているという事もあるでしょう。また今はなくても、売り地となっていれば、将来的に家が建つ可能性もありますから、その点も予測して家の向き、窓の位置を計算しなければいけません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市