家作りの第一歩はココから!

日当たりを考える

平屋住宅は窓も多く設置できるので、建物だけを考えれば日当たりも良くすることができます。ですが、それはその家だけを考えれば、という条件付きです。あまり庭が広くなく、隣の家やマンションなどと隣接しているような場合には、逆にデメリットとなってしまうのです。それは他の家やマンションの影になり、日当たりが悪くなってしまう事です。

 

土地を購入する時点から、日当たりに関してはよく考える必要があります。これから平屋住宅を建てる土地を購入するという場合、周りの状態がどうなっているのか、チェックしなければいけません。もちろん、家を建てれば30年、40年とその家で生活をするのですから、そのうちに家やマンションが建ってしまうという事も考えられるでしょう。ですが、ある程度の予測はつくものです。隣が公園であったり、道路に面している、すでに高くない家が建っているという場合には、あまり変化はないでしょうから、日当たりは変わらないかもしれません。ですが広い売り地になっていれば、そこに新しい大きな家が建つ事も予想出来ます。できることならそういうところは避けた方がいいでしょう。

 

また、周りに家が立ち並んでいる場合、家の向きや位置、窓の位置によっても日当たりが変わってきます。実際に、その現場に行ってみて、どのような日当たりになるのかを考えてみる必要があります。ただ単に日当たりがいいのではなく、どのような時間に日が当たり、どのような時間には当たらなくなるのかもチェックするといいでしょう。また西日が入ると、それも困りものですから、それも見極めて設計しなければいけません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市