家作りの第一歩はココから!

広い土地がある

平屋住宅は誰もが建てられるというわけでもありません。もちろん、実際は土地さえあれば小さい平屋住宅なら建てることができますが、それでは平屋住宅のメリットがでないだけでなく、とても使いづらい不便な家になってしまうでしょう。狭い土地なら、ある程度部屋の数が決まってしまいますし、部屋の数を増やそうとすれば、一部屋一部屋を小さくするしかありません。2階建ての住宅と同じだけの部屋数にしたいのなら、かなり広い土地が必要になるわけです。

 

例えば、2階建ての坪数が、1階部分20坪、2階部分20坪と同じだけの広さにするならば、最低でも40坪の敷地が必要となります。もし、庭も作るというならば、それ以上の土地が必要になるでしょう。そのため土地が狭く、土地全部を平屋住宅にするというのであれば、2階建てにして、庭を作ったほうがいろいろと利便性があるのです。

 

逆に、広い土地があるという人は、平屋住宅に向いているのです。庭の部分も広ければ、日当たりや風向きなどをあまり心配せずに建てられますし、耐震性もいいので、わざわざ2階建てにして使いづらくする必要はないのです。

 

ただ、広い土地を持つというのは、都会では不可能に近いかもしれません。土地代が高いですから、それだけで莫大な費用になるからです。もし、平屋住宅を建てる事を重視するならば、都会ではなく、土地代の安い地方に建てるのが望ましいでしょう。都会に狭い土地を購入する費用があれば、広い土地と平屋住宅が建てられるかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市