家作りの第一歩はココから!

避難しやすい

家に住んでいると、ほとんどは大したトラブルもなく静かに暮らしていけるものでしょう。ですが一生のうちで見れば、いろいろな災害が発生してしまいます。

 

多いのが、地震や火災でしょう。日本は、このあいだの東日本大震災や、阪神淡路大震災、新潟中越地震など、日本はどこの地域で地震が起こっても不思議ではない国です。そういった大地震が起こると、倒壊した建物内に閉じ込められるということがあります。それにより運悪くなくなってしまうということもあるのです。2階建てだと、避難のために2階の部屋から降りてくるというのは時間がかかりますし、揺れている最中に、階段を降りてきて転んでけがをするということもあります。2階建てでも1階に住んでいれば安全ともわれがちですが、万が一逃げ遅れると、耐震性が弱いので、2階部分に押しつぶされてしまうこともあるのです。

 

一方、平屋住宅なら、すぐに窓から逃げ出すこともできます。そして、耐震性が強いため、倒壊する危険性も少ないですし、たとえ倒壊してしまっても、2階部分がないので、脱出しやすいでしょう。

 

地震の場合は、今の建物は非常に耐震性が高いため、よほど大きな地震でなければ倒壊することは少ないでしょう。ですが火事となれば別です。火事はどこの家でも起こりうる災害です。万が一火事になってしまうと、2階にいる人は逃げ遅れる可能性が高いです。また、仕方なく二階の窓から飛び降りても、大けがの危険性があります。平屋住宅なら、どこの窓からでも脱出できるので、火のない、煙のないところに向かっていけばいいのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市