ハウスメーカー比較ガイド
 

工務店との違いは?

端的にいってしまえば、ハウスメーカーは「家を売る会社」であり、工務店は「家を建てる会社」です。工務店は家の設計、施工を請負い、顧客の要望に合わせて図面を引き、建築を進めます。対してハウスメーカーはカタログにある規格住宅を顧客に提示し、注文を受けてから設計、施工を進めていきます。あらかじめ見本=展示住宅が存在するのでイメージはつかみやすいのですが、反面、細かな要望や規格の変更には適応が難しい(コストが高くなる)場合が多いようです。対して、工務店はひとつひとつの家がオーダーメードですから、顧客の要望には柔軟に対応が可能です。

工務店は地域密着型の形態が多いので、顧客が少ない分、ややコストが高くなる傾向にあるようです。対してハウスメーカーは全国展開している企業が多く、大量生産によるコストの削減に成功しています。ただし、資材の変更や間取りの変更を行なうと、コストが一気に増加する場合もあり、特異な建築には向きません。工務店はこうした変更による出費がそれほどかさみませんし、また広告費や人件費が上乗せされる比率も低いので、潤沢に「凝った作り」を追求する場合には安上がりになります。

地域に密着している分、アフターケアに関しては、工務店の方がきめが細かい場合が多いようです。ハウスメーカーは、担当者が調査し、本社に連絡、その後に技術者がケアを行なう事になるため、やや時間を要します。ただし、費用に関してはやはりアフターケアも、ハウスメーカーの方が安価な場合が多いといわれています。

 
基礎知識
ハウスメーカーとは?
工務店との違いは?
坪単価・価格はどれくらい?
間取りはどうなるの?
ハウスメーカーの選び方

各ハウスメーカーの特徴
業者一覧

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県